【ポケモン剣盾】シングルレートS14 最終166位 レート2011 僕はピクシーを好きになる

f:id:SNN:20210130215002j:plain

2シーズン連続でレート2000を達成できました。
潜ると決めたシーズンは意地でもレート2000を達成しようと志していて、その中で3回目の今回も無事報われました…。
100位と2000位を4回くらい反復横跳びしたのでなにより気合いが大事です。

f:id:SNN:20210130215350j:plain

TNしのん レート2011 ↑1月30日 18時の順位
最終順位 166位。


サンダー 控えめ プレッシャー いのちのたま
CS252 D4
10万ボルト 暴風 原始の力 熱風

今までHDサンダーを愛用していたがフルアタも強いだろうなと感じていたので使ってみた。
羽休め兼ダイウォール媒体が欲しいと思う場面もあったがそれ以上に原始の力が欲しい場面の方が多かったのでこれで正解かと。
後出ししてくる霊獣ボルトロスや耐久寄りサンダーを吹き飛ばせたしヒートロトムにも打点が持てるので選出がしやすかった。
今いるポリゴン2はHDしかいなかったのでポリゴン2が見えたらほとんど選出しませんでした。
プレッシャーは特性の発動順でスカーフや素早さ判定に使えると思っていましたが、静電気の方がいいと終わってみて感じました。

テッカグヤ ようき 弱点保険
H164 A132 B4 D28 S180
そらをとぶ ベビーボンバー 馬鹿力 ストーンエッジ

調整はようき珠エースバーンのキョダイカキュウ確定耐え。BDはダウンロード対策。Sは1↑で最速ウツロイド抜き。

サンダーが通らなさそうな構築には割と刺さった。
物理だとウツロイドにも簡単に殴り勝てるし特殊型と違ってナックルで自発的にAも上げられる。
サンダーに勝てないポリゴン2に勝てるのが偉かった。
物理もあまり読まれないのかサンダーが快電波を放ってきたり特殊受けに引かれることもありeasyWINも多々。
辛かったのはテッカグヤに弱いこと。
ストーンエッジは当たらないので次使うなら岩雪崩にします。


エースバーン 意地っ張り ラムのみ
AS252 D4
かえんボール とびひざげり しねんのずつき ビルドアップ

ポリヒトデやラキヒトデみたいな受けサイクルを破壊するために採用。
思ったように活躍してくれた。


ラグラージ 控えめ きあいのタスキ
H92 C252 S164
なみのり だいちのちから カウンター ミラーコート

調整はCぶっぱ、Sはスカーフトリックされた後最速レヒレ抜き(実数値101)。
ヒレにスカーフ押し付けられることがあまりにも多かったので前期よりSを少し上げました。
ただ今期はラグラージヒレ対面でトリックから入ってくる人が減った印象。
こいつの強さは前回の構築記事に載せているのでそちらもご覧下さい。
再戦した相手に襷読まれるのが辛かったです。

エルフーン 臆病 食べ残し
H204 B196 S108
ムーンフォース やどりぎのたね 挑発 身代わり

調整はHが16n+1、Sが最速ウーラオス抜き。
ハピナマコや受けサイクルに対して選出。他にダイマ枯らしの役割も。
ハピナマコが本当に辛かったし相手も必ず選出してくるのでナマコブシエルフーンを合わせる立ち回りを心がけていた。
エルフーン+エースバーンで受けサイクル系はわりと崩せた印象。

ピクシー 図太い アッキの実
H244 B252 S12
ムーンフォース つきのひかり 瞑想 小さくなる

剣盾レート2000達成した構築に皆勤賞。
強さは前回前々回も語っています。
不利対面でも小さくなる1回から勝ちを掴むこともあれば回避率6段階上昇から急所引いて負けることなどもあった。
今期は水ラオスが増えたのが逆風でした。


最後に
選出パターンはありすぎましたがサンダーがいる事でポリゴン2を、ピクシーがいる事でドヒドイデや鋼を選出誘導出来たので選出読みはしやすかったです。

余談ですがTwitterの方に自分の構築(個体)をバラすツイートを数件見つけました。
個人的にはマッチングした相手の対戦内容や個体内容をメモして自分で利用する分には再戦の時に使えるので良いと思いますが公表するのは人としてどうかと思いますね笑
この件については賛否両論色んな意見があると思うので面白い話だとは思います。

2.3月と潜る時間が一切なく、4月からは未知数なので剣盾で構築記事書くのは最後かもしれませんがそのうちまた頑張ります。

何か質問やコメントありましたら
Twitter@SNN_777か@7_SNN_までお気軽にどうぞ。